パソコンのセキュリティは個人と会社のサーバでは異なっている

パソコンのセキュリティは個人と会社のサーバでは異なっている
パソコンのセキュリティは個人と会社のサーバでは異なっている

サーバのセキュリティ対策について

サーバのセキュリティ対策について重要な脆弱性対策について記載します。
サーバのOSやミドルウエアには使用している内にセキュリティ上の脆弱性が発見されることがあります。
WindowsOS等は月に1回定期的に脆弱性の修正プログラムを提供されています。
家で使用しているパソコンであれば、脆弱性の修正プログラムが出る度に速やかに適用するれば良いのですが、サーバへの脆弱性修正プログラムの適用はそう簡単にはいきません。
もちろん何も考えずに適用するだけならすぐにできますが、万一脆弱性修正プログラムを適用後に業務アプリケーションが動かなくなったりすると大変なことになります。
その為、脆弱性修正プログラムの適用前には入念なテストが必要になります。
テスト環境にてまずは脆弱性修正プログラムを適用して、アプリケーションの正常稼働を確認後に始めて本番のサーバへ適用するのでとても手間と負荷がかかります。
この為脆弱性修正プログラムの適用を速やかに実施していないシステムもあるかと思いますが、これは非常に危険です。
特にインターネットへ接続しているサーバに対しては、速やかに脆弱性修正プログラムを適用することが、サーバを管理している人の責務だと認識すべきだと思います。
脆弱性修正プログラムの適用を怠ったが為に、顧客の大切は個人情報やパスワードが漏洩してしまった事件はたくさんあります。
他切なお客様に迷惑をかけてしまうのはもちろんのことですが、後始末にかかる経費は莫大なものになり経営を圧迫することは間違えありません。

Copyright (C)2017パソコンのセキュリティは個人と会社のサーバでは異なっている.All rights reserved.